旅ブログを書くのに使っているソフト、サービス15選

僕がブログを書くときに使っている、ソフトやアプリ、サービスをジャンル別で紹介します。

基本的には、僕と同じ旅ブログを書く場合を想定しています。

独自ドメインとWordpressで旅ブログを開設するまでの流れ
ムームードメインで独自ドメインを取得し、MixHostのレンタルサーバーを契約し、ドメイン設定をした後、Wordpressを設置するまでの流れを説明します。
スポンサーリンク

準備

1.Toggle

Toggleはタイムトラッキングサービスです。
ブログを書いたり、何かの記事を書いたりするときにタイマーをつけて、終わったら切ります。

自分が「何にどれだけ時間を掛けているか」が分かるようになります。
旅中にブログを書くのに、時間を掛け過ぎたくはないと思い、Toggleを使って意識しています。

Toggleは全てのデバイスで利用できますが、MacやiPhoneの人はHoursというサービスもあります。

2.Amazon Music

Amzonプライム会員なので、音楽はAmazonで聞くことが多いです。
洋楽が多いですが、最近は僕の好きなメロコアバンドのラインナップも良くなって、利用機会が増えました。

スマホアプリだと、音楽を端末にダウンロードできるのでオフラインでも利用できます。

3.Evernote

記事の下書きやメモなどにはEvernoteを使っています。
他には日記、何かの感想、勉強したことなど、全てEvernoteです。

僕たちの旅ブログでは旅日記を書いているのですが、元の日記は毎日Evernoteに書いています。

記事作成

4.翻訳

Windowsの「翻訳」というアプリです。

記事を書くときに、たまに海外のサイトを見ることがあります。
英語ならまだなんとかなるのですが、スペイン語やポルトガル語は分からないのでこのアプリを使っています。

5.マネー

Windowsの「マネー」というアプリです。

為替計算機や為替レート一覧などを見ることができます。

旅ブログの海外情報を見ていると、値段や料金について書かれていることが多いです。
行った国の通貨ならなんとなくレートを覚えているのですが、大体は次に行く国のことなどを調べるので、読んでいて頭で換算できないことも多いです。

なので、自分のブログでは、必要だと思ったときは現地通貨と円換算の値段を書くようにしています。

6.Google Map

地図上で場所を指したいときに使います。
旅ブログでは、地図が載っているほうが分かりやすいと思います。

Google Mapには埋め込み機能があり、簡単にブログに使うことができます。

旅ブログにGoogleMapの地図を埋め込み表示する方法
移動情報などを書いているときに、地図を載せたいときがよくあります。今回はGoogleMapをブログに埋め込み表示する方法を紹介します。

7.Wikitravel

世界中の旅行情報が掲載されている、Wikipediaの旅行版のようなサイトです。

国境情報など、自分が情報を知りたいときにも使いますが、情報記事(移動/国境記事)などを書く際に、自分が知らない情報はあるかなどを知りたいときにも、よく見ます。

日本語版もありますが、英語版のほうが情報量は多いです。

8.Lightroom

写真の管理はAdobeのLightroomを使っています。
Lightroomはプロも使っているほどの高機能なソフトですが、僕は現像・加工などはあまりしません。

Lightroomのすごいところは、外付けHDD(ハードディスク)の写真を、外付けHDDを接続していなくても管理できる(閲覧できる)ところです。

僕たちは夫婦で旅をしているので写真も多く、パソコンのディスクだけでは容量が足りないので、外付けHDDを使っています。

外付けHDD内の写真は、一度Lightroomに読み込んでしまえば、普段は接続していなくても閲覧、書き出しをすることができます。

また、クイックコレクションや仮想コピー、透かしなど便利な機能が多いので、料金は高いのですが手放せません。

9.JPEGmini

ブログに使う旅写真の圧縮には、JPEGminiを使っています。
有料ソフトですが圧縮の効果が高いし、シンプルで使いやすいので気に入っています。

主に、Lightroomで書き出した写真を圧縮しています。

写真を圧縮するならJPEGmini
ブログに写真を載せるときには、「リサイズ」や「圧縮」という作業が必要です。今回は、写真をきれいなまま圧縮できるソフト「JPEGmini」紹介します。

10.ScreenPresso

パソコンでスクリーンショットを撮ったり、スクリーンショットを加工したりするソフトです。

枠で囲ったり、矢印をつけたり、文字を入れたり、個人情報にぼかしを入れたりと、必要なことはほとんどできると思います。

僕は説明記事を書くときに使っています。
旅ブログでは、「○○のチケットの買い方」、「○○の使い方」という記事を書くことがあると思うので、そういうときにこのScreenPressoと、下に挙げるRalpha、PNGooが役に立つのではないでしょうか。

スクリーンショット作成・編集ツール、Screenpressoの使い方
「○○の買い方」のような、旅の情報記事を書くときに便利なスクリーンショット(画面キャプチャ)の作成・編集を効率良く行えるScreenpressoというツールを紹介します。

11.Ralpha Image Resizer

複数の画像を一括でリサイズ、リネームすることができます。
ScreenPressoで作った画像をRalphaで一括リサイズ、リネームしています。

12.PNGoo

tinyPNGのデスクトップGUI版(オフライン版)です。
Ralphaで一括リサイズ、リネームした画像を、最後にPNGooで圧縮しています。

ブログデザイン・CSS

13.Notepad++

エディタソフトです。

WordPressのテーマファイル(PHPファイル)やスタイルシート(style.css)などを編集するのに使っています。

初心者の人でも、ブログデザインをカスタマイズするのにCSSを編集したい場合は、とっておくと便利だと思います。

プラグインを使うとFTP接続ができるようですが、僕はその機能は使っていません。

14.Filezilla

FTPクライアントソフトです。
サーバーとFTP接続をするために使います。

以前はFFFTPというソフトを使っていましたが、Filezillaのほうが使いやすかったので、今はこちらを使っています。

15.Blisk

PC表示とモバイル(スマホ・タブレット)表示を同時に確認することができるウェブブラウザです。
操作はGoogleChromeとほとんど同じなので、非常に使いやすいです。

CSSなどを編集して、PC表示とモバイル(スマホ・タブレット)表示の両方を確認したいときに便利です。

ただし、無料版では一日30分までしか使うことはできません。

さいごに

15のソフト、アプリ、サービスを紹介しましたが、今後良いものがあれば、追記していきます。

Wordpress、独自ドメイン、サーバーとは
これから旅ブログを作りたい、きちんとしたブログを作りたいという初心者の人に向けて、ブログを開設するまでの流れを、できるだけ簡潔かつ分かりやすく説明します。

Comments

タイトルとURLをコピーしました