スクリーンショット作成・編集ツール、Screenpressoの使い方

「○○の買い方」、「○○への行き方」といった、旅の情報記事を書くときに便利なのが、スクリーンショット(画面キャプチャ)です。

Screenpressoというツールを使えば、スクリーンショットの作成と編集が効率よく行えます。

スポンサーリンク

Screenpressoとは

Screenpresso(スクリーンプレッソ)は、スクリーンショット(画面キャプチャ)の作成・編集が簡単にできる、フリーソフトです。

ボタン一つでスクリーンショットを撮ることができ、ブログで使うのには十分な編集機能が備わっています。

主な編集機能紹介

・矢印を付ける
・四角形で囲む
・テキストを挿入する
・番号を振る
・指定範囲をぼかす
・画像の切り取り(クロップ)

その他色々ありますが、ブログに使うにはこれくらいで十分なのではないでしょうか。

ダウンロード

Download | Screenpressoへアクセスし、[Download Screenpresso]をクリックします。

Screenpressoからのニュースレターが不要な場合は、[Skip]をクリックします。

画面が遷移し、ダウンロードが開始されます。

ダウンロードした[Screenpresso.exe]をダブルクリックし、画面に従ってインストールをしてください。

初期設定

Screenpressoを起動すると、画面右下の通知領域にScreenpressoのアイコンが表示されます。

ここをクリックすると、Screenpressoが起動します。
右上のレンチマークをクリックして、設定を選択します。

一般タブ内の、[ワークスペースの保存先]というところで、スクリーンショットの保存先を変更することができます。

また、パソコンの起動時に自動でScreenpressoを起動するかどうかなども、この画面で設定します。

[スクリーンショット]タブではスクリーンショットに関する設定をすることができます。

・[保存するファイル数]:作成したスクリーンショットが設定している数以上になると、自動的に古いものが削除されます。
・[スクリーンショット後の操作]:スクリーンショットを作成した後にする動作を選択することができます。

使い方

Screenpressoを起動している状態でPrtScnキーを押すと、スクリーンショットの作成画面が表示されます。

ドラッグで範囲を選択すると、スクリーンショットが作成されます。

このようなスクリーンショットが作成されました。

通知領域のアイコンをクリックするとワークスペースが開かれます。

画像を選択して[編集]ボタンをクリックするか、画像をダブルクリックするとエディターが開き、編集できるようになります。

ここからは、画像で説明します。
全て直感的な操作で編集できるので、何度か使っているうちに慣れると思います。

矢印を付ける

四角形で囲む

テキストを挿入する

指定範囲をぼかす

画像の切り取り(クロップ)

[メイン]タブから[画像]タブに切り替え、左から2番目の[切り取り]を選択します。

ドラッグで範囲を選択し、[OK]ボタン、またはEnterキーを押すと選択範囲が切り取られます。

さいごに

この記事では省略しましたが、矢印やテキストなどそれぞれの編集機能は、色や形、サイズ、影などさらに細かい設定をすることができ、その設定をプリセットとして保存しておくこともできます。

ちなみに、この記事に使っているスクリーンショットはほとんどScreenpressoで作成しています。
とても便利なツールなので、是非使ってみてください。

Comments

タイトルとURLをコピーしました