Xiaomi(シャオミ)のハイコスパスマホMi 9 SEのスペックとレビュー

2019年7月に、Xiaomi(シャオミ)のスマホMi 9 SEをGearbestで買いました。
Mi 9 SEの基本スペックと、実際に使って感じていることをまとめます。

最後にGearbestのクーポン情報も載せておきます。

スポンサーリンク

Mi 9 SEのスペック

値段Gearbest

Amazon

ディスプレイ5.97インチ 2340 x 1080
サイズ、重さ147.5 x 70.5 x 7.5 mm, 155g
CPUQualcomm SDM712 Snapdragon 712 (10 nm)
Octa-core (2×2.3 GHz Kryo 360 Gold & 6×1.7 GHz Kryo 360 Silver)
OSAndroid 9.0 (Pie); MIUI 10
SIMカードデュアルSIM (Nano SIM,デュアルスタンバイ)
メモリ(RAM)6GB
内部ストレージ(ROM)64GB/128GB
外部ストレージ対応なし
メイン(背面)カメラ画素数48MP + 8MP + 13MP
サブ(前面)カメラ画素数20MP
バッテリー3070mAh
対応ネットワークGSM / CDMA / HSPA / LTE
その他指紋認証、顔認証、TypeCケーブル充電
カラー展開 ブラック、ブルー、パープル

良いところ

画面サイズが大きいのにコンパクトで軽い

▼左から順にRedmi 4A、Redmi 5A、Mi 9 SE

画面サイズが5.99インチと大きめなのですが、画面占有率が高いので、5.2インチのスマホとサイズはほとんど変わりません。

今まで使っていた5インチのXiaomi Redmi4Aと横幅はほぼ同じでした。

コンパクトで持ちやすく、比較的軽いスマホだと思います。

カメラの画質がきれい

メイン(背面)カメラもサブ(前面)カメラもかなりきれいに写ります。
他社の上位機種にも劣らない画質だと思います。

アンビエントディスプレイで日時と通知の表示

アンビエントディスプレイという機能があり、画面OFF時にも日時と各種通知(メッセンジャーやGmail、LINEなど)、充電残量を表示することができます。

この機能は設定した時間内のみONにすることができるので、とても便利です。
私は、寝ている時間は必要ないので6:00~24:00のみONにしています。

画面ダブルタップで起動

XiaomiのスマホにはDouble Tap to Wake(画面をダブルタップでロック画面表示)という機能があります。
テーブルの上に置いているときなど、サイドの電源ボタンよりも画面の方が押しやすいときが多いので、よく使います。

顔認証

ロック画面でパスワードの代わりに顔認証を使うことができます。
けっこう精度が高く、使いやすいと思います。

ロック画面に顔を向けるだけでロックが解除されるので、パスワードを打つ手間が省けて良いです。

指紋認証

Mi 9 SEの指紋認証は画面内下部にあり、指紋は複数登録可能です。
指紋認証機能はロック解除の他、様々なアプリ(銀行系など)で使うことができます。

画面OFF時に指を置くだけでロック解除できるので、状況に応じてダブルタップ+顔認証と併用して使っています。

充電が早い

Quick Charge 3.0に対応しており、電池の充電が早いです。
残量20%くらいから1時間ほどで100%になります。

TPUケースが付属

透明のTPUケースがパッケージに付属していたので使っています。
ケースにお金をかけずに済んだので良かったです。

Type C→3.5mm変換プラグが付属

Mi 9 SEにはイヤホンジャックがないのですが、USB Type C(充電端子)から3.5mmのイヤホンジャックに変換するプラグが付属しているので、今までどおりのイヤホンを使うことができ、困ることはありません。

そのうちBlutoothのイヤホンを買う予定ですが。

安い

このクオリティで3万円を切る値段は、やはり魅力的だと思います。

良くないところ

microSDカード非対応

個人的に一番残念なのが、microSDを使えないということです。

内部ストレージが64GB(または128GB)あるので十分といえば十分なのですが、本や写真、音楽、Netflixやアマゾンプライムビデオのダウンロードファイルを保存していると、けっこうすぐにいっぱいになってしまいそうだなと思っています。

背面のカメラ部分が出っ張っている

メイン(背面)カメラがすこし出っ張っているので、傷が付きやすそうです。
カバーを付けるとフラットになりますが。

3.5mmイヤホンジャックがない

上でも書きましたが、一応良くないところとして挙げておきます。

変換プラグが付いているのであまり気になりませんが、強いて言うなら充電中はイヤホンを使うことはできません。
私は、充電が早いので問題ないと感じています。

▼このような2in1変換プラグを使えば、充電しながらイヤホンを使うことができます。

その他

日本ではドコモ/ソフトバンク回線で利用可能

私は日本ではドコモ系の格安SIMを入れて使っています。
ソフトバンク回線でも使えるらしいのですが、試していないので分かりません。

MIUI・純正アプリのデザインがよく、使いやすい

好みによるかもしれませんが、Mi 9 SEに搭載されているXiaomiのOS、MIUI10がけっこう使いやすくて良いです。

私はもともとXiaomiのRedmi 4AでMIUI9を使っていたので、XiaomiのUIや機能に慣れているせいも多少あるとは思います。

個人的には、ギャラリーやファイルマネージャー、ShareMe(旧Mi Drop)、クリーナーなどのXiaomi純正アプリもシンプルで使いやすいので好きです。

Xiaomi Mi 9 SEを買うなら、Gearbestがおすすめ

Mi 9 SEに限らずSIMフリーのスマホを買うときは、Gearbestという海外通販サイトがおすすめです。
日本のAmazonでも良いのですが、Xiaomiのスマホなど中国製品はGearbestで買う方が安いです。

Gearbestは数ある海外ガジェット系通販サイトの中でも大手で、日本人の利用者も多く比較的安心できるサイトです。

また、Gearbestではほとんど送料がかからず(または安く)日本以外の国にも発送することができるので、海外旅行や留学中にスマホを買いたいときにも使えると思います。

Gearbestの割引クーポン

・Xiaomi Mi 9 SE 64GBのクーポンコード:M9SE64BLACK

クーポン利用で$279.99→$258.99になります。

さいごに

Mi 9 SEはとにかくコスパが抜群で、基本的にはなんでもこなせる機種だと思います。
いまのところ気に入っていて、特に大きな不満はありません。

海外旅行/世界一周におすすめの、Xiaomiの高コスパSIMフリースマートフォン(2019/7)
海外旅行や世界一周に持っていくという観点で、だいたい3万円以下で買えるXiaomiのおすすめのSIMフリースマートフォンを紹介します。

Comments

タイトルとURLをコピーしました